Training Professional

休みを利用して短期の語学留学をしよう【選び方を調査】

現地で外国語を学ぶ

海外で暮らしてみる

国旗

外国語を身に付けるためには、海外で生活するという方法があります。日本にいると、どうしても日本語がメインとなってしまい、外国語が意識して勉強しないと身につけにくいかもしれません。しかし、海外に滞在することで必然的にその国の言葉を話さないといけない状況になるため、自然と外国語が話せるようになります。語学を習得するためには、できれば長い期間、海外留学したいものですが、経済的、時間的な面などで難しい場合もあります。それでも少しでも海外生活を味わいながら、実際にそこでしか味わえないものを得るために、短期での語学留学は良い方法です。たとえ短期間であっても、実際に海外で生活することによって、日本では味わえないものを多く体験し、吸収することができます。語学留学は短期でも長期でも、きちんと学ぶ意欲があれば、期間以上の物を得ることができるでしょう。特に社会人になってから、ある程度語学留学の資金を貯めていく場合もあります。社会人になるとやはり長期の語学留学は難しくなってしまうかもしれません。短期の語学留学でも海外に行く回数を重ねることで、十分な成果を得ることができます。海外の語学学校では、世界中の国からさまざまな人たちが、その国の言葉を学ぶためにやってきています。語学学校ではその国の人たちだけではなく、さらに他の国の人たちを交流を持てるチャンスです。その国の言葉を身に付けることはもちろんですが、日本人として他の国の人たちに日本の文化や風習などを伝えられるようにしておきたいものです。

語学を学ぶ

様々な言語

語学留学には短期のものと長期のものがあります。しっかりと英語力をつけたい場合や現地の文化を総合的に学びたいのならば、長期の語学留学の方がおすすめですが、時間も費用も限られている場合は短期のものでも十分効果があります。短期の場合は一ヶ月から半年ほどが一般的な長さです。国としてはフィリピンなどアジアの国から、アメリカ、イギリスといった欧米諸国まで幅があります。安さを重視するのならばフィリピンなどアジアの国の方が良いでしょう。カリキュラムは、コースにより差があります。語学留学の目的や自身のレベルにより内容は異なってきます。最も一般的なのがスタンダードコースです。ジェネラルコース、一般コースなどとも呼ばれます。週に20〜25コマほどで、1コマ40〜50分ほどです。普通の学生生活をおくりたい場合、現地の雰囲気や観光も楽しみたい場合はこのコースが良いでしょう。さらに難易度が高いコースもあります。インテンシブコース、アドバンスドコースなどと呼ばれ、コマ数が多く宿題なども多いです。集中的に学びたい人におすすめです。他にも、ビジネスコース、資格対策コース、インターンシップコースなどがあります。これらは明確な目的を持つ人におすすめなものです。また短期の語学留学では、英語力の向上をさせたいのならば効率よく勉強しなければなりません。そのため、マンツーマンでしっかりと英語を話す時間をとることが多くなっています。

英語をはじめとする外国語を学ぶことは、ビジネススキルとして必須になりつつあります。日本だけではなく地球上のあらゆる国々で事業をはじめる会社が増えているからです。これからは日本語だけを話せても会社からいい評価を得られなくなります。まずは、語学を専門的に学んで英語スキルを身に付けるようにしてください。では、効果的に英語を学ぶにはどのようにすればいいのでしょうか。おすすめなのは、外国に短期で語学留学する方法です。現地の発音を聞くたびに英語に慣れていきます。最初は1か月から3か月程度の短期で留学してください。最初から何年も語学留学すると、ホームシックの影響で日本に帰りたくなってしまう可能性があるからです。最初のうちは外国に慣れる意味でも短期の語学留学が適しています。徐々に期間を伸ばしていけば安心です。短期留学のメリットは、コストパフォーマンスにもあります。長期の語学留学よりも安い費用で外国で学べるのです。すでに会社で働いている人が取れる長期休暇の範囲内で語学留学ができます。周りには同じ志を持っている人が多数いますので励ましあいながら語学を学べます。日本にはなかなかない環境が揃っていますので、短期留学ができるスクールの情報を集めるようにしましょう。あなたとの相性がいい先生がいれば、語学力はあっという間に伸びていきます。グローバルビジネスにおける即戦力にもなりますので、頑張って勉強してください。