Training Professional

休みを利用して短期の語学留学をしよう【選び方を調査】

効果的な語学力向上法

少しの時間で大きな成果

アルファベット

グローバル化が進展する世の中にあって、何とかして短期間で語学力を伸ばしたいと考えている方も多いのではないでしょうか。忙しい社会人の身であれば、なかなかまとまって学習する時間を取ることは難しいことから、一つの解決策となるのが短期の語学留学です。短い期間だからと、軽い気持ちで行くのではなく、たとえ短期であっても、語学留学を効果的に活かすためには事前にしっかりとした準備が必要となります。ここで最低限しておく準備としては、中学生レベルの英語力を身に着けることと、ある程度の日常会話で使う単語を覚えておくということです。それだけ押えておけば片言でも日常会話ができることになりますので、まったくコミュニケーションが取れないまま帰国の日を迎えるということを避けることができるでしょう。次に、語学留学の目的を明確にするということです。漠然と英語が話せるようになりたいというだけでは不十分で、カジュアルな日常会話ができるようになりたいのか、ビジネスで通用するだけの語学力を身に付けたいのか、もしくはTOEICで目標とするスコアに到達したいなど、目的によって留学中に履修すべきカリキュラムも異なってきます。さらに、短期であるがゆえに一秒たりとも無駄にすることはできないことから、滞在先にはホームステイを選択することをお勧めします。授業が終わって帰ってきてもなるべく日本語を使わない環境にすることが重要です。しっかりと準備すれば短期であっても語学留学を最大限活用できるはずです。

夏休みなどを利用しよう

女性

英語や中国語などは、お仕事などで役立つといわれています。しかし、語学を学ぶために勉強をしたり語学スクールに通っても、あまり上達しないと感じている方も少なくないようです。やはり、現地に訪れてから語学を学ぶのが効果的だといえます。しかし長期の語学留学には、膨大な費用が掛かってしまうことも少なくありません。また、お仕事を長期間休むことができないという方も多いです。そんなときには、短期の語学留学が向いているかもしれません。短期の語学留学なら、費用も比較的お安いです。また、集中して語学に打ち込めるため、語学力も上達しやすいといえます。英語圏なら、アメリカやオーストラリア、イギリス、ニュージーランドなどが主流です。しかし、留学費用はお高くなってしまうことも多いのです。最近では、フィジーやフィリピンなどが比較的お安く留学できるため、人気が高まっています。物価もお安く、生活しやすいといえます。ただし、日本は世界一治安が良い国だともいわれているのです。そのため、日本にいるのと同じ感覚で海外に滞在するのは危険だといえます。夜に出歩いたり、人が少ない場所には行かないようにしましょう。お子さんの夏休みなどにも短期の語学留学は、向いているといえます。短期なら、ホームシックにも掛かりにくく、楽しく滞在できたという方も多いです。海外は危険な場合もありますが、短期留学をすることで視野が広がったという方もいらっしゃいます。

意思の伝達を可能にする

国旗

短期の語学留学をする時に、非常に大切なことがあります。それは、語学留学に出発する前に英語で意思の伝達ができるようにしておくことです。たとえ短期であっても、現地に着いたら英語でコミュニケーションしなければなりません。完璧な英語を話す必要はありません。それでも、自分の意思を伝えられる英語力を身に付けるようにしましょう。長い文章を話さなくても、必要な単語を使って、短い文章を使えば、意思は伝わるようになります。それができれば、現地で病気になった時などに、安心して行動できるようになります。いざという時に備えて、日本に連絡できるように準備しておくことも大切です。短期の語学留学だったら、危険に巻き込まれる恐れは非常に小さいです。しかし、地震などの大きな災害が起こることがあります。そのような時に、備えて日本からスマートフォンを持って行きましょう。日本で出発前に現地で使えるwi-fiを借りておけば、現地に着いてから、いろいろな情報を得たり、日本に連絡するのがスムーズになります。たとえ短期の語学留学であっても、保険には入っておきましょう。短い期間なので、病気になる恐れは少ないですが、加入しておけばいざという時に安心です。医療費が非常に高い国もあります。そのようなとこで、医療的な処置を受けた場合は、思わぬ高額な金額になる場合があります。保険に入っておけば、その費用を賄うことが可能になります。さらに、病気や怪我の時は、簡単な英語で症状を伝えれば、確実な治療ができます。